厚生労働省、都道府県労働局など

業種や分野~多岐にわたる助成金

御社の規模や必要なプランをご提案サポートいたします。


簡易該当条件

1・雇用保険適用事業所事業所の事業主である事

2・認定計画書に沿い制度を新たに就業規則等に規定する事

3・定期的に実施し評価対象期間三か月以上の記録の必要

4・計画期間、対象労働者の雇用関係が変わらないこと

※やむを得ない場合を除く

 

 

以上が条件になりますがあくまでも簡易的な説明ですので詳しくはお電話ください。


簡易該当条件

1・正規労働者のみ

2・計画期間の前と後で賃金が低下しないこと

※労働者全委員の賃金の合計額が低下していないこ、個々の平均賃金で判断

3・認定計画書に沿い制度を新たに就業規則等に規定する事

4・計画期間内に退職予定の者は精査の対象にはならない。

 

以上が条件になりますがあくまでも簡易的な説明ですので詳しくはお電話ください。



このHPで紹介している助成金はほんの一部にすぎません!

厚生労働省の助成金は中分類でも50種類以上あり更に小分類では数倍以上に分かれています。

また助成金の種類や変更は日々更新や改定がされ似通った助成金もあり一般的な知識では混迷を極めます。

国から提供されている財源を地域の企業に橋渡しのお手伝いをいたします、私たち山本社労事務所は考えております。

ここではすべては紹介しきれない状況ですが、上記に並べているものはどこ企業 事業所でも該当しやすい助成金を紹介しております。

まずはご連絡いただくことで個々に適合した助成金の活用とサポートをお約束いたします!