厚生労働省、都道府県労働局など

業種や分野~多岐にわたる助成金

御社の規模や必要なプランをご提案サポートいたします。


簡易該当条件(兵庫限定)

1・休業中、その代替要員の基本給が対象

※代替要員が派遣労働者の場合は派遣料金の70%を賃金と考える。

2・1の賃金の1/2を助成金として支給

3・助成金の各月の上限額は10万円(賃金20万)

4・復帰した従業員が支給申請時に在籍していない場合は支給対象外となります。

5・両立支援等助成金>代替要員確保コースト併給可能

 

以上が条件になりますがあくまでも簡易的な説明ですので詳しくはお電話ください。


簡易該当条件

1・3ヵ月以上の育児休業の代替要員を確保し休業後に現職に復帰させる事

※支給対象期間5年間

※1年度あたり10人まで

2・代替要員は職務を代替するもの

3・休業前と後で待遇処遇を下回ってない事

4・代替要員確保支援助成金>休業コースと併給可能

 

以上が条件になりますがあくまでも簡易的な説明ですので詳しくはお電話ください。


簡易該当条件(兵庫限定)

1・短期時間勤務中、その代替要員の基本給が対象

※3歳までの子を養育する期間です。

※代替要員が派遣労働者の場合は派遣料金の70%を賃金と考える。

2・1の賃金の1/2を助成金として支給

3・助成金の各月の上限額は10万円(賃金20万)

 

4・復帰した従業員が支給申請時に在籍していない場合は支給対象外となります。

 

以上が条件になりますがあくまでも簡易的な説明ですので詳しくはお電話ください。


簡易該当条件

1・労働者、使用者間で復帰プランを作成

2・育休前までに業務の引き継ぎを実施

3・3ヶ月以上の育児休業を取得する事

4・復帰した従業員が支給申請時に在籍していない場合は支給対象外となります。

 

 

 

以上が条件になりますがあくまでも簡易的な説明ですので詳しくはお電話ください。


簡易該当条件(兵庫限定)

1・離職した方の再雇用

※離職事由は、結婚/配偶者の転勤/妊娠/出産/育児/介護

※再雇用は正社員/短時間正社員/フルタイム(週40h)に限る

2・復帰した従業員が支給申請時に在籍していない場合は支給対象外となります。

 

 

 

 

 

以上が条件になりますがあくまでも簡易的な説明ですので詳しくはお電話ください。



このHPで紹介している助成金はほんの一部にすぎません!

厚生労働省の助成金は中分類でも50種類以上あり更に小分類では数倍以上に分かれています。

また助成金の種類や変更は日々更新や改定がされ似通った助成金もあり一般的な知識では混迷を極めます。

国から提供されている財源を地域の企業に橋渡しのお手伝いをいたします、私たち山本社労事務所は考えております。

ここではすべては紹介しきれない状況ですが、上記に並べているものはどこ企業 事業所でも該当しやすい助成金を紹介しております。

まずはご連絡いただくことで個々に適合した助成金の活用とサポートをお約束いたします!