一般的に厚生労働省所管で取扱っている支援のことを助成金と呼んでいます。

厚生労働省で取扱っている支援は条件さえ満たせばどんな会社でも貰うことができ、返済する必要はありません。

助成金受給の条件に合致しているのであれば、当然の権利として必ず受給しましょう!

 

では、そんな助成金の財源は何でしょうか? 答えは、会社が国に支払う「雇用保険料」です。 雇用保険料と言うと、仕事を辞めたときにもらえる失業保険に使われていると思われがちですが、 実はその一部は、この助成金にも使われているのです。
その額は、年間で約2,000億円~3,000億円です。 雇用保険料を財源としているため、多くの助成金が人を雇い入れて雇用保険(労働保険)に加入することが条件になっています。 起業時(会社設立時)にもらえる助成金も労働保険に加入することを条件に支給されものがほとんどです。